ゼルダの伝説BotW:最強盾「ハイリアの盾」入手・購入方法と耐久実験‥関連「幸せを運ぶ匠」「羽ばたけ!サクラダ工務店」攻略方法

ゼルダの伝説のハイリアの盾

ハイリアの盾とは

ハイリアの盾とは、ゼルダの伝説シリーズに登場する結構チートな盾です
説明では「勇者が手にしたという伝説と共に古よりハイラル王家に受け継がれてきた盾 他を寄せ付けない 圧倒的な防御力と耐久性を誇る」となっています

かなりの性能で今回の『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』でも防御力90となっており、耐久性もおそろしく高いです

ハイリアの盾の入手方法

ハイラル城の地下牢で入手できます

侵入はハイリア城の西のこの位置から三の丸の方向侵入するといいです
カタ・チュキの祠を開放しておいて貯水池跡をたどると便利です

この大きな柱の左をすすむと、ハイリア城のマップに切り替わります


城の堀を少し泳ぐと見える低くなった対岸をのぼると地下道への侵入口がちょうどあります


城の左下の入り口から地下道に侵入します
爆弾で壊せる壁がありますので奥に進んでいきます


すすむとトロッコがありますので、爆弾を使いながら移動しましょう


ほぼ一本道なので迷わないとおもうのですが、牢屋にいきつきます
この奥にまた爆弾で壊せる壁があるので、そこから奥にすすむ


格子の一部から弓矢で狙える場所があいています
目を矢で射つと牢屋の扉があきます


奥に「スタルヒノックス」がいます
目を矢で狙うと尻もちをつくので、そこを狙います。
最後の一撃をは目を矢で狙うと目がおっこちますのでそれを攻撃

スタルヒノックスを倒すと宝箱の中に「ハイリアの盾」が!
入手したらマップを開いて脱出しましょう

   
スタルヒノックスを倒すことさえ出来れば割と早い段階で入手できそうですね。

ハイリアの盾の購入方法

ハイリアの盾はかなり耐久性が高いのですが、使いすぎると壊れます
1度ハイラル城にて「ハイリアの盾」を入手していると購入することもできるようになります。

購入するにはミニチャレンジをいくつかクリアする必要があり結構面倒です
でもどのみにクリアしておいたほうが良いミニチャレンジだとおもいます

流れ的にゴロン族・ゲルト族・リト族・ゾーラ族を連れてくる必要があるので、「四体の神獣を解放せよ」がクリアされているぐらいメインシナリオが進んでいる必要があります

 

「幸せを運ぶ匠」

ハテノ村で空き家の解体工事をしているところがあります

1.家を壊しているカツラダに話しかけると親方に言うようにいわれます

2.家の裏にいる親方に話かけ、「家を買いたい」と伝えます

3.3000ルピーと薪の束30本で自分の持ち家「リンクのおうち」とすることができます

4.さらにサクラダに話しかけると家具を作ってくれ、寝たり武器を飾ったりできるようになります

詳細はこちら

 

「羽ばたけ!サクラダ工務店」

幸せの家を購入した後に、エノキダに話しかえるとミニチャレンジが発生
アッカレ高原のイチカラ村で村作りを手伝うことになる

1.薪の束を10本もってくる

2.腕っ節のいいゴロン族をつれてくる(名前の最後が「ダ」でおわる)
  オルディン峡谷の南採掘場にいます

3.薪の束を20本もってくる

4.裁縫が得意なゲルト族をつれてくる(名前の最後が「ダ」でおわる)
  ゲルド砂漠のカラカラバザールの「パウダ」に男の姿で話しかける

5.薪の束を30本もってくる

6.物流の出来るリト族をつれてくる(名前の最後が「ダ」でおわる)
  リトの村にいるペーダに話しかける

7.薪の束を50本もってくる

8.神父ができるゾーラ族をつれてくる(名前の最後が「ダ」でおわる)
  ゾーラの里のカポーダに話しかける

9.結婚式イベントがはじまりその後にエノキダに話しかけると「ダイヤモンド☓3」がもらえます

10.馬がいる家の2階にいるグラネットに話しかけると購入出来ます
  ※ハイリアの盾を持っているとメニューには出てきません。
   何枚もストックできないみたいですね

 

ハイリアの盾の耐久性

防御力は90もあり盾の中では最強なのですが、耐久性はどうでしょうか

なんと耐久性をを検証している動画があります

ガーディアンのビームを何回はじけるかということで検証しています

うーんスゴい、圧倒的ですね
他の盾が一回で砕けるところを26回も耐えています

これなら多少、パリィが失敗しても大丈夫そうですねw
ライネルなど強い敵と戦う時には入手しておきたいものです

 

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチのまとめサイト
SWITCH速報ロゴ
で引き続きお楽しみください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク

4 件のコメント

  • コメントを残す