任天堂公式ライセンス取得「Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition」レポートなど

任天堂公式ライセンス取得Anker製モバイルバッテリー

先日、マイニンテンドーストアにて任天堂公式ライセンスを取得したモバイルバッテリー「Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition」「Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition」が購入できるようになったという記事を投稿いたしました。


現在、マイニンテンドーストアではゴールドポイントを使用して30%オフで購入できます。
さっそく注文しました「Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition」が届きましたので、レポートいたしたいと思います。

 

「Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition」は任天堂公式ライセンスを取得したAnkerのモバイルバッテリーで、ゲームをプレイしながら充電できるPower Deliveryに対応しているのが特徴。「13400」ではSwitchを1.7回、「20100」では2.5回フル獣ですることができます。

製品仕様

白地にスイッチのイメージカラーの赤をさしたパッケージとなっています。
任天堂ライセンスのシールも貼られており、店舗売場でSwitchと並んで売られていれば需要が高まるのではないでしょうか。

 

同封品はバッテリー本体・トラベルポーチ・USB-C to Cケーブル(90cm)なっています。
粗悪なケーブルを使うと本体を破損してしまいますので、公認ケーブルが付属しているのは嬉しいですね。そんなに太くもなく取り回しもしやすそうです。

 

裏側にはNintendo Switchのロゴが大きく記されています。

 

大きさ比較をしますとこんな感じです。
左は同じくAnkerの「PowerCore Fusion 5000」ですが、折畳式プラグが搭載されており便利そうなので先日のAmazonプライムデーで購入いたしました。

「PowerCore Fusion 5000」に比べると「Anker PowerCore 13400」は少し大きいですが、薄くなっていますので体積的には同じぐらいかもしれません。
重さは 「PowerCore Fusion 5000」の191 gに対して「Anker PowerCore 13400」は360gとなっており、わりとズシリとした感じを受けます。

 

充電テスト

それではNintendo Switchの充電テストを行います。
今回はゲームをプレイしながら充電できるかということで、『オクトパストラベラー』を起動した状態にしておきます。

まずは「PowerCore Fusion 5000」で充電テスト
30分後にみますとバッテリーは3%→6%。
プレイしながら充電されるのを期待するのは難しそうですね、もっとパワーを使うソフトだと逆に減ってしまうかもしれません。

 

次に「Anker PowerCore 13400」のテストです。
30分後にはバッテリーが6%→29%
これなら、プレイしながらの充電がじゅうぶん期待できますね!

ついでに電源オフの状態で充電しますと、30分で28%→54%となっていました。
今回のケースでは電源オンとオフでもあまり違いませんでした。それはそれでスゴいですか。
満充電は3時間といったところでしょうか

 

まとめ

PDによりプレイしながら充電できるのを十分に感じ取ることができました。
公式にて旅先や移動中にゲームをするときに、一緒に持っていきたいおすすめアイテムと紹介されていますが、本当に必需品となりそうです。

また、電源周りでは粗悪品を使うと本体を傷めてしまったなどのトラブル報告もあるだけに、公式ライセンスの安心感は絶大ですね。

追記
充電器によっては、このバッテリーに全く充電できない場合があるようで、手持ちの「Anker PowerPort 6【PowerIQ搭載】では充電が確認できません。もしくはすごく時間がかかるのかも!???
どうやらAmazonの注意書きには「Nintendo Switch純正の充電器、またはAnker製のPD対応充電器をご使用ください」とのこと。
Nintendo Switch付属の充電器では問題なく充電できますが、それ以外では充電器もPD対応を用意する必要がありそうですね。

 

現在マイニンテンドーストアにて、2018年9月3日12時までゴールドポイントを使用して30%オフでお得に購入することができます。

◆Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition
マイニンテンドーストアへ

【販売価格】6,463円(税抜) ⇒ 【クーポン適用価格】4,524円(税抜)
(必要ゴールドポイント数:150 クーポンはこちらから

◆Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition
マイニンテンドーストアへ

【販売価格】9,241円(税抜) ⇒ 【クーポン適用価格】6,468円(税抜)
(必要ゴールドポイント数:200 クーポンはこちらから

 

ちなみにAmazonではこちら

 

 

3+

スポンサードリンク








おすすめ記事 その1

おすすめ記事 その2
スポンサーリンク
  • Amazonと同じように急速充電アダプタを付属しとけよ任天堂けちーんだよ

    1+
  • モバイルバッテリーのことモババイっていうひといるけど、
    どういう略し方なんだろう
    検索してもろくにでてこないんだよねぇ

    モババイの語源とか、どこの地域でつかわれるのかなどなど、
    なにか知ってる方情報ください、お願いします!

    0
  • ※1
    それSwitchのTV出力できないからトラブルのもとなんで
    任天堂ライセンスありにはつけれんでしょ

    6+
  • ※1
    Ankerの製品だぞ

    7+
  • ※1
    何を言ってるんだね君は!
    にわかなのか?

    7+
  • PDすげー
    俺も買おうかな

    0
  • ※1
    ゴキは来んなよ(笑)

    2+
  • ※1
    switchのACアダプタ使用可能て書いてあるぞ

    4+
  • 皆やめてあげて
    ※1はswitch持ってないからケーブル使えることわからないんだよ…

    10+
  • ※1が言ってるのは充電器付きのこのへんだと思われる
    https://www.amazon.co.jp/dp/B071GCF7LH/
    ただこの付属のPD対応充電器は30wなので※3で書いたようにドック出力ができない(w不足)
    だから任天堂ライセンス付きには混乱招くからつけれなかったと推察

    つーか30w充電器なんてスマホオンリーだし返品されまくったからつけてるだけなんで
    正直いらないのよね

    4+
  • つーかライセンス取得して販売してるのは
    Ankerであって、商品の構成は任天堂関係ないじゃんw

    2+
  • とりあえず任天堂に文句言えればいいんでしょ

    4+
  • そのライセンスを任天堂が出すに当たって、ACアダプターだけライセンス外には出来ないってことかと。
    多分switch付属ACアダプター同等品つけるにはコスト的に割に合わなかっただろうと思う。

    0
  • 20100買った

    0
  • スイッチの次世代機にはリチウムの次の電池が来ててほしいもんだ

    0
  • フル獣

    0
  • ※1だが任天堂信者ってなんでそんなにネガティブなコメントに敏感なのかねぇまぁソニー信者にも言えるが
    ライセンスなしより高いのに急速充電器ついてないのが当たり前とでも思ってんのかな?中身は一緒なのにライセンスだけで数千円も乗ってるのが当たり前?お前らはマルチ商法の説明会と一緒で都合いいことしか言わないアホなの?
    ※13の理由でつけられないならその分安くすればいいのになぁ

    1+
  • ※17
    そんなに恥を晒さなくても・・・

    5+
  • ※17
    ぷぷっ

    5+
  • ※17
    めっちゃ早口で言ってそう定期

    6+
  • 中身が一緒なら安い方を買えばいいだろ
    そもそもこれアンカーの製品なんだけど・・・

    2+
  • スイッチでまともに充電できるかどうかの保証が無いだろ
    そうで無くてもtypecはメーカーの適当な解釈で相性が激しいんだから

    1+
  • ※17は本気でPDが解ってないのか、解ってないフリして発狂芸をしてるのか…
    どっちにせよダメダメではある

    4+
  • みんなが相手にしちゃうから嬉しがってんじゃんかよ。
    無視しとけ。

    0
  • ※21
    バッテリーを炎上させるタイプの人だな
    判ってないヤツが使うと発火物に化けるのがモバイルバッテリーだぞ

    4+

コメントを残す

アンカーは下記のとおり
記事本文中への返信「>>番号」
コメント中への返信「※番号」

※キャッシュにより記事がすぐに反映されない場合があります。